ポルトガル語シリーズ モザンビーク陶芸

せっかくモザンビークの土で焼き物を作るんだからと、ポルトガル語で一言ずつ入れてみる。

 

ドリッパーに彫ったのは、

ポルトガル語でおはようという意味の”Bom Dia!” (ボン・ディア)という言葉。

 

直訳すると、「いい日」という意味になる。

 

「おはよう!」ではなく、「良い一日を!」という意味の言葉で声を掛け合うのであります。

 

 

そして、ミルクピッチャーには

「元気ですか?」にも、「元気ですよ!」にもなる言葉、

“Tudo Bem!”(トゥード・ベン!)を。

 

 

直訳すると、「全てOK!」「全て良し!」という意味。

こっちではみんな、いろんな状況で、

“Tudo Bem??” “Tudo Bem!”と言い合っている。

「大丈夫?」「大丈夫!」

という意味にもなるのであります。

 

 

 

色々あるけど、この二つの言葉をモットーにしてたら

笑顔で生きていけそうだなと思う、シンプルな言葉。

 

 

 

 

コーヒーシリーズ、

ドリッパー、ジャグ、ミルクピッチャーまで作ったけど、

つぎはやっぱりマグか、

シュガーケースか、

 

モザンビークでの陶芸、しばらくこのシリーズ続きそうです。

 

 

それにしても手びねりで作る陶芸、なかなか難しい。

土に小さな石や砂利みたいなのが入っているので、すごくやっかい。

モザンビークの土なんでらしさがあっていいのかもしれないけど、繊細なものを作るのには向いてないんだろうなぁ。

 

この後1回目の焼成に入り、その後釉薬をかけて2回目の焼成をして完成。

 

さぁ。いつものおまじない。

「割れませんように🙏」