バッファローの骸骨 陶芸作品 アフリカ陶器

モザンビークの土でできた、アフリカらしい陶芸作品を。

 

しばらく静かにしてました。

と言いますのも、先週はずっとこもって制作してました。

作っていたのは、バッファローの頭蓋骨のオブジェ。

 

Mozambiqueにきてすっかりハマってしまった陶芸。

何を作ろうかと考えた時、アフリカらしいもの→動物。という、かなり安直な発想で作り始めたはいいものの、

ガチハマりしてしまい、

 

息子を送り出した後、気づけばお迎えの時間。

あっという間に1日終わっているという始末。

 

我ながらものすごい集中力で仕上げました。

ツノも、頭蓋骨部分も、最初に形を作って、その後デコっていきます。

この最初の形作りが一番肝心で、一番難しいところ。

やっぱり基礎がしっかりしてないと、表面可愛くてもハリボテになってしまいます。

この辺り、先生と友人のアキコさんに随分手伝ってもらいました。

 

 

そしてまた自分には珍しく、骸骨という渋いチョイスをしたものの、

やっぱり花とか植物とか伝統パターンとかそういうナチュラルなものが好きで、

こういうところに自分って出るんだなぁと。

 

 

ここまで仕上げるのに、形作りから2週間くらいかかってしまいました。

 

先生の提案により、その上に白土をかけることに。

刷毛で、模様を消さないようにヌリヌリしてます。

 

この後、ゆっくりじっくり乾かして、焼成に入ります。

焼成後は釉薬をかける予定ですが、どんな色にするか、まだ決めきれてません。

 

最後まで割れませんように🙏🙏🙏